春でびるのブログ

趣味に生きる

SIMGOT EN700BASS

どうも春でびるです。1ヵ月記事書かないとはてなからお叱りのメールが来るんやね。イヤホンレビュー書こう書こうとは思っていたけど、最近どれを使ってもあまり分からないから投稿しようか迷ってた。まぁ暇だからテキトーに書いとくかな。

 

SIMGOT EN700BASS レッド
f:id:corundum5:20170611145515j:image

またしても中華。前作EN700の評判が良かったらしく、そこそこの人気、知名度。日本でもeイヤが扱っているから入手は容易。価格は1万円前半。ドライバーはDD1基、リケーブル不可。パッケージや通販サイトの画像のようなワインレッドではなく、もっと鮮やかな赤色。騙されるな。


f:id:corundum5:20170611150039j:image

最近の中華イヤホンはしっかりとした外箱が多い。こいつもかなりしっかりした箱。


f:id:corundum5:20170611150201j:image

中身。


f:id:corundum5:20170611150256j:image

付属品一覧。革っぽいケースがかっこよくていいね。whizzer a15のケースと違ってクソ小さいということはなく、普通に収納できる。


f:id:corundum5:20170611150505j:image

イヤピはご丁寧に2種類用意してくれているが、自分は別のものを使用するので。

 


f:id:corundum5:20170611150658j:image

このイヤホンは装着感が若干浅いからspinfitが使いやすい。リケーブル不可だが、ケーブルはそんなに悪くない。ただ線1本1本が細くちょっと心配にはなる。

では音について。こいつ、結構バランスのいい鳴らし方する。名前にBassとか付いてるくせに重低音イヤホンって感じではないね。確かに低音の質はいいし程よいアタック感もあるけど、曲に違和感が出るような大きさではない。むしろこいつの得意分野は高い方の音なんじゃないかって思うくらい。尖った音というより丸い音。刺さるような感じは全くない。割と綺麗にクリアな音が出る。残響音も自然に伸びる。全体的には、かなりフラットに近い音だと思う。まぁ普通に少し低音強いけど。分離も割とあって充分な広さがある。

こいつの性能を最大限活かすならアンプがいるかなぁと思った。音の太さがかなり変わってくる。

悪くないイヤホンだけど、価格が1万強ということで、ちょうどエントリークラスが競合する価格帯だけに、他に選択肢はあるかなといった印象。1本あればいいならいいが、色々買っている人からするとそんなに面白味がないかもしれない。

 

 

まとめ

バランスのいい音。見た目もいい。価格的に、他に選べるイヤホンはある。

 

 

追記

ブルーのカラーが追加されたらしい。