春でびるのブログ

趣味に生きる

【イヤホン】Senfer DT2のレビュー

どうも春でびるです。今回も中華イヤホンです。しかもアウトな感じのアレです。

 

Senfer DT2


f:id:corundum5:20170127235825j:image

わかる人には分かると思います(笑)そう、SENNHEISERのIE800のパクリだと思います。ていうか、同じ筐体使ってIE800ってそのままの名前で売ってるメーカもあったはずww

DD1、BA1のハイブリッド構成でmmcxでリケーブル対応という点はUEsと同じですね。角度がついてるので赤の方が右で青が左になります。耳かけで装着するならケーブルを1度外してた逆の色の本体に付け替える必要があります。4000円ちょっとで買ったかな。


f:id:corundum5:20170128000158j:image

簡易包装で購入したので付属品はケースとイヤーピース数個だった気がします。付属のケーブルはかなり固めですがついた癖がすぐ直せていいですね。


f:id:corundum5:20170128000319j:image

 

最初にこれを聴いたときは「あークソなの買っちゃったな〜」って思いましたねww箱だしの状態では音が篭もりすぎて何のために穴が空いてるんだよ!って投げたくらいですwwで、何十時間か鳴らしてみると…うーん、なんだろう。そんなに良くなった気はしないがなんとなく分かってきた。これは低音の量がかなり多め。それのせいで篭った感じだったんですね。低音の中でもベースの音が大きく聴こえます。ドラムのキックがよく聴こえる低音重視のイヤホンは割とよくありますが、こいつの低音はベースラインが綺麗に聴こえます。まぁベースの低音が多く出るってことは…そういうことです。中高音は微妙です。ロックは少し厳しいかなと思ったけど、ギターなんかの音は割と分離感あって量も出ているのでいいですね。ここはハイブリッドの良さなのかな。でも曲を選ぶなぁ…ひとことで言うなら重低音イヤホンってことでいいでしょう。解像度は高くないです。

 

IE800とは似ても似つかない。IE800は自分が今まで聴いたイヤホンの中で1番好きなイヤホンなんでこれ買ったんですけど、やっぱり全然違うよねwwもう少しこのイヤホンがわかってからまた書きます。