読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

春でびるのブログ

趣味に生きる

【イヤピ】final イヤーピース Eタイプ

イヤホン

春でびるです。イヤホンのプニプニ…イヤーピースはいろいろと種類があって面白いですよね。今日紹介するのはコレ! 

 

final イヤーピース Eタイプ (ピンク)
f:id:corundum5:20170323185852j:image

ご存知、finalのEです。自分が持っているイヤピの中でもお気に入りの1つです。普通のカラーは持っていたので透明赤軸を注文したところ、どうやらMサイズのイヤピは軸の色が赤ではなくピンクになるらしい。出来れば緑が欲しいなーww
f:id:corundum5:20170323190012j:image

特徴は軸に切り込みが入っていて、耳の穴に合わせて曲がるようになっているところだそう。個人的に好きなところは軸が厚く、先端まで軸の厚さが保たれているところですね。これによって低音が逃げないような作りになっているような気がします。
f:id:corundum5:20170323190645j:image

左からfinalE、spiraldot、spinfit、トリプルコンフォートです。こうしてみると、finalEは傘が丸型で高さがある形になってますね。個人的には耳の奥まで入れるようなイヤホンだと高さが低いイヤピを使って、そうでないイヤホンでfinalEやspinfitを使う感じがいいと思っています。特にspinfitは奥まで入れると先端が潰れちゃってww(自分だけかもですが)
f:id:corundum5:20170323191150j:image

zirconに装着してみました。見た目かなりはっちゃけたというかエロい感じになりましたww

装着感はかなりしっくりきます。密閉度もなかなか高いんじゃないかなと思います。音は低音がいい感じになりますね。ソフトフォームみたいな低反発系のイヤピと比べられるほどの低音は出ませんが、低反発イヤピだと中高音が…って人にはオススメかもしれません。

 

まとめ

おすすめイヤピfinalE、だけどピンクは使いにくいなw

【イヤホン】MUTORY イヤホン専用セミハードケース

イヤホン

春でびるです。DZXとケーブルがやたらかさばるので新しくイヤホンケースを購入しました。

 

MUTORY イヤホン専用セミハードケース MT-CS25
f:id:corundum5:20170320011051j:image

なんか評判いいらしいねこれ。


f:id:corundum5:20170320011127j:image

結構大きめ、そして強く握っても潰れないくらいには硬い。カラビナが付いているのでバッグなどにぶら下げて持ち歩くことができる。
f:id:corundum5:20170320011227j:image

中に柱があるのでイヤホンをうまく巻き付けて収納できる。柱の中には乾燥剤を設置可能。しかも1個乾燥剤が付属している!親切!
f:id:corundum5:20170320011358j:image

使ってみた写真。反対側にはネットがありイヤホンとかイヤピを入れておける。ネットが重なってるから落ちない!

 

まとめ

いいね

【イヤホン】HCK DZX-1+6が届いたよ!

イヤホン

どうも春でびるです。今回のはちょっとすごいです。中華イヤホンといったら安くていいもの、でも品質は他に比べたらダメ…なんて思ってないですか?中華イヤホンには化け物みたいのがあるんすね。はい、どーん。

HCK DZX-1+6 colorful gear
f:id:corundum5:20170317125226j:image

 このイヤホンはAliexpress専門イヤホンセラーのNiceHCK Audio Storeが販売しているオーダーメイドイヤホン(注文後に作る)です。シリーズものらしいのですが僕は初めてです。今回購入したのは6BA1DDのMMCX端子で色はcolorful gearです。値引きいろいろしてもらって3万円くらいでした。注文してから届いたのは1ヶ月弱くらい。
f:id:corundum5:20170317125836j:image

写真では伝わりにくいと思いますがフェイスプレートがかなり綺麗です…!丸みを帯びていて作りもいいです。バリだとか傷はありませんでした。自分は緑色が好きなのでもうちょっとグリーン多めだったら嬉しかったなww
f:id:corundum5:20170317130002j:image

4wayだかなんだかって友人が言ってたかな。多ドラということで少し大きいので耳に着けにくい人もいるかも。それとイヤホンのステム部分、イヤーピースをつけるところが太いので使えるイヤピがかなり絞られるかと。自分が持ってるもので使えそうなのはspiral dotくらい。
f:id:corundum5:20170317130633j:image

このイヤホンにはBass switchがついていて、低音を調節することができます!音の違いについては後で書きますね。画像左でON、右がOFFです。スイッチは少し硬めなので耳に着けながら変えるというのは難しいかも。
f:id:corundum5:20170317130910j:image
f:id:corundum5:20170317130926j:image
f:id:corundum5:20170317130937j:image

こんな感じで届きます。(コード留めは1つ別で購入したものが入ってます)付属品のケーブル、イヤピはいつもの中華イヤホンの付属品と言った感じで微妙だったので使っていません。というか、このイヤホンに装着できないイヤピが入っているのはなんなんだ!


f:id:corundum5:20170317131722j:image

イヤピはspiraldot、ケーブルはこの前ブログで紹介した銀メッキ8芯ケーブルで聴いてみました。一応、200時間のエージングが必要ということでだいたいそれくらい鳴らしておきました。

音の傾向は高音域寄りのイヤホンです。届いた直後では中高音キツめで低音弱かったですが、エージングでフラット方向に音が変わって聴きやすくなった気がします。

特筆すべきなのはやはり解像度ですかね。自分はあまり高級イヤホンを使ったことがないので実際はどうなのか分かりませんが、クソいい音質になっていると思います。言葉で言い表すのは難しいですが、音が鮮明になった、みたいな感じです。特に高音域がすごいです。ドラムのシンバルだかハットだかの音がどちゃクソリアルになりました。派手めな音というより繊細な音です。残響感もあっていいですね。曲によっては少し刺さるかもね。

低音もボワつきはほとんどないクリアな低音ですね。量は若干少なめですがいい質感で鳴らしてくれてると思います。中高域を邪魔してないのはグッド。低音はスイッチでかなり変わりますねww

 自分が一番思ったことが、意外とバランス良く鳴るということです。多ドライバーのハイブリッド中華イヤホン、自分の想像ではめちゃくちゃ派手めの音でズカスガ♪だと思っていたので驚きました。


f:id:corundum5:20170317134906j:image

ではbass switchをONにして聴いてみます。ウホッwwこれはwwこれまで色々と書いてきましたが、かなり化けますよこれ。低音の迫力がすごいです。バカスコ鳴ります。ドンシャリタイプ。低い所からぐわっと上がってくるような音。体感低音の量が4割増くらいいやもっとかも。本当にめちゃくちゃ変わります。スイッチOFFの低音が質感重視ならスイッチONは迫力重視です。ただ、高音の繊細な音の部分が掻き消されてしまうところはありますね。

 


f:id:corundum5:20170317141832j:image

テキトーに殴り書きしてきましたけど、伝わりましたでしょうか。中華イヤホンで高い物を買うのには抵抗がありました。しかし今回のDZXで、中華イヤホンの購入が博打ではないということが分かったので良かったです。見た目も音も大満足のこのDZX-1+6、気になった方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

 

 2017 nicehck DZX-1 6で耳イヤホン1DD 6BAドライブユニットdiy hifiモニター印刷nicehckでカスタマイズmmcxインターフェース


http://s.aliexpress.com/JfEbUR3E
(from AliExpress Android)